安全対策はできている!?一人暮らしに必要なこと

一人暮らしは注意しないと危険?

一人暮らしをすることで、親に文句を言われずに自分の好きなように生活できますが、住んでいる人が他にいないため、自分のいない間に空き巣に入られやすくなります。また、女性一人の生活だと、ストーカーや下着を盗まれるなどの被害にあいやすく、もし帰宅した際に侵入者に会ってしまったときには力がないと抵抗が難しく、抵抗ができなければ命の危険もあります。そうならないためにも一人暮らしを安心して行うことができる方法を知るといいでしょう。

一人暮らしの時は防犯対策を必ず行う

まず出かけるときには必ず鍵を忘れずに閉め、家にいるときも侵入を防ぐためにできれば鍵を閉めておきましょう。高いマンションなどの階層に住んでいると侵入が難しくなるので、施錠をしなくても安全なように見えますが、侵入することは可能なため、どこに住んでいても油断は禁物です。また、表札に住んでいる人の名前を書いていると、誰が家にいるかわかってしまい、名前の書いてある人が出かけると家に侵入されてしまいます。そのため、表札にはフルネームを書かずに苗字のみにしましょう。

帰宅途中も注意が大切

女性の一人暮らしの場合は、家の鍵を閉めていても、帰宅途中で後を付けられていると、帰宅した時に襲われる危険があるため、誰かに付けられていないかや家に着いた直後に周辺に隠れていないかよく確認します。また、もし襲われた時には、周辺に人がいないと叫んでも気づかれないことがあるので、人通りが少ない暗い道はできるだけ通らないようにし、通る場合は十分注意しましょう。他にも防犯グッズを購入することや防犯対策ができている賃貸を選ぶなど対策方法はいろいろあるので、女性だけでなく、男性も一人暮らしをする時は、忘れずに対策しましょう。

短期間だけなど気軽に必要な家具や家電借りれる家具の家電のレンタルがあります。送料無料や格安で短期感のレンタルができる事がメリットです。